さまみろ

汝自身を知れ∫ざまーみろ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

leaf ssiinn

10.27.2011
“疑うこと覚えたから、もう心が信じることはない”じゃぁなくて

“疑うことを覚えたからこそ信じることに価値がある(厳しくは努力・制御の点に)”なのだだろう





詩を書けば詩人かしらといえばそ-ゆ-わけでもないのでないかしらなのかしら
posted at 16:03 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

伏せ字で一番大切なことを書いてしまおうとしてみたけれどやめた
posted at 00:24 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

僕がここに“犬”と書いたって、この犬が噛みつく、血をなめる事はないという

こんな無力は、なんだ、本気になりつつあった僕を巨大に否定する

“犬”は水性の染み、液晶の斑点

ぼんやりぐったりと、吼えることないのだね


僕がすべてにおいて魂から卑劣を排除、墓石のように沈黙、犀の角のように歩むをしても

あるいは上質な毛布、何をも傷つけない誠実

したところで、この“犬”の体温を柔らかな手でなでる人はいないように思われた


灰のような辛いに目から突っ込んだ巨大に否定された気がした
posted at 13:48 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

leaf 林檎の声

10.19.2011
いつになく泥酔だでも電話かけたりしないよ寝転べば太腿で測れる脈120↑そうだから林檎の声は母親の声よりきっと長く聴いている好きの色々を解析してよ世界は泥酔する男が終わらせるものだよ僕は、そらずきと違って野郎より強い!
瞬間・ひとときだけ集中した本もあれば憧れが過ぎて毎日と毎時間夢中になった、分離し難く僕の一部にまでめり込んだ聖書も。
ドゥーイットやっちまえ意味がわからない大好きだこの野郎。高々と出征するにも盛大に鼓舞せよ
ドゥーイットやっちまえ意味がわからない大好きだこの野郎。返す返すも高々と出征するは盛大に鼓舞せよ



うだうだだらだら、うだらうだらの、宵越しの錯文
推測変換・修正エディシオンは眩暈舞うような熱烈がなくてなんだか
posted at 10:28 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

目が二つあって、髪をくくっていたりいなかったりする女の子を好きになるのん何回目かってなれば今までに読んだ本の数みたいなもので、耽ったけれど耽ったことさえ忘れた本もあれば憧れが過ぎて毎日と毎時間夢中になった、分離し難く僕の一部にまでめり込んだ聖書も。美しい目が二つある女の子に読書のような妄想をなう。スタバ。
posted at 14:43 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

leaf 困因

10.13.2011
腹の底で笑われてる致しようの無い隔絶

腹の底で嘲ってる致しようの無い隔絶


僕は“気心”を装うだなんて しかも重要なことほどに仕立て上げるだなんて
posted at 09:38 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

ザ・サイレント沈黙者

カミュの煙草のアイマージュ

太陽がすとんと落ちた
posted at 21:01 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

crown プロフィール

バル

Author:バル
初めましての方と大切の方へ
下部“my name is”ハイライト

crown 最近の記事
crown 好み

crown カテゴリー
crown   
crown change



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。